3ヶ月でトラフィックが倍増!海外向けウェブサイトのコンテンツ戦略セミナー(東京)

基本情報

日時 2017年12月8日(金) 19:00 - 21:00 (あと-8日)
Googleカレンダーに追加する
会場 TAM 東京 1階コワーキングスペース
東京都千代田区神田小川町3-28-9 三東ビル1F
参加者 36 33人
主催 TAMLO「コンテンツ」セミナー in 東京
情報提供元 Doorkeeper

内容


これまで国内向けだったビジネスを海外にアピールする

TAMLOは、2017年9月から訪日外国人向けの旅行情報サイトMATCHAのメディア戦略アドバイザーを務めています。MATCHAでは現在、英語や台湾語をはじめ、タイ語にスペイン語など全10言語でサイト運営をしていますが、TAMLOのミッションは英語をメインに海外のユーザーのニーズを捉えトラフィックを最大化させること。おかげさまで9月から現在までの2ヶ月あまりで、トラフィック数が2倍以上の伸びをみせています(英語版サイト)。

わたしたちがいかにして短期間で成果を出したのか。今回、この成功事例をもとにTAMコワーキングスペースにて「海外向けにサイトをグロースさせるノウハウ」を解説。「世界に向けて多言語で情報を発信したい」というすべてのメディア、企業・自治体を対象にしたセミナーです。

イベント概要

今や日本を紹介するウェブメディアのなかでもっとも勢いのあるMATCHAは、いかにして英語サイトのトラフィックを倍増させたのか。MATCHA編集部をお招きし、多言語でメディアを運営することの難しさ、そして今後グローバルに向けたメディアはどう作られるべきかのトークセッションを行うとともに、TAMLOとMATCHAで海外向けにどうウェブメディアをグロースハックしていくのか、その方法論を丁寧に解説していきます。多言語でのコンテンツの作り方、海外に向けた情報発信のノウハウが詰まった2時間です。

◾️日時 2017年12月8日(金) 19:00〜21:00(開場 18:30)
◾️参加対象: グローバル推進、新規事業開発、販売促進/営業、宣伝/広報など事業社・自治体のご担当者様、インバウンド事業者、ウェブメディア関係者のみなさま ※両社とサービス内容が競合する会社様のご来場は入場をお断りする場合がございます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。 ※ご本人様確認のため、ご来場の際に名刺を頂戴いたします。
◾️定員: 20名

詳細内容

イベント内容
・MATCHAのグロースをデータで見る
・メディアの多言語化で必要なこと
・多言語コンテンツの作り方
・いかにして海外向けのグロース戦略を練るか
・事例解説 検索流入対策
・事例解説 フェイスブックの投稿カレンダー作成
・事例解説 特集企画の作り方

【重ねてのお願い】上述の通り、両社とサービス内容が競合する会社様のご来場は入場をお断りする場合がございます。ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【TAMLO コンテンツセミナー・ウィーク】TAMLOでは12月上旬に東京と大阪でセミナーを4プログラム、計6回実施します。詳細はこちらをご覧ください! TAMLOイベントページ


登壇者プロフィール

石野雄一 ロンドンと東京に拠点をおくコンテンツマーケティング会社 TAMLOのManaging Director。早大大学院卒業後、ニッポン放送にて番組・広告企画、営業。国内大手のキャンペーンを数多く担当する。出版社に移籍し編集記者となった後、オールアバウト編集部のマネジャーとしてあらゆるジャンルのウェブコンテンツをプロデュース。 TAMに参画ののち、英国進出の責任者としてロンドンで同社英国子会社のTAMLOを設立。コンテンツの制作から運用までの設計が得意。ウィスキー大好き。趣味は書店巡り。Twitter @ishino_uk
森太一 株式会社MATCHAのCOO/CFO。1990年生まれ、東京都出身。明治大学国際日本学部卒。大学卒業後、国内金融機関にて、バックオフィス業務、投資銀行業務に従事。2017年より、株式会社MATCHAに参画。会社の屋台骨を支えるべく、日々奮闘中。趣味は、ゴルフで月一ゴルファー。
植松宏真 株式会社MATCHAの編集局長。1987年生まれ、広島市出身。海上自衛隊生徒、慶応義塾大学文学部を経て、株式会社G.B.出版にて編集者として勤務。2015年5月よりMATCHAに所属。日本語版の編集業務のほか、各言語版の統括業務を担当中。趣味は仕事と登山とペットの金魚を世話することです。

ご不明点ありましたら tamlo-info@tam-tam.co.jp (TAMLOのコンタクト)までお問い合わせください。なお、緊急の場合を除き、返信に一両日ほどお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承くださいませ。